“きょうふく”の漢字の書き方と例文
語句割合
枵腹100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もうあたりの景色などは目をくれるのみで、心にとめる余裕もなく、一刻も早く人里に出て枵腹を充たしたいという考に占められていた。
木曽駒と甲斐駒 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)