“きょうねい”の漢字の書き方と例文
語句割合
竟寧100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
王昭君のお伽衆として、私が胡地へ旅立ったのは、元帝の竟寧元年であった。
沙漠の美姫 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)