“きょうとうせきし”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂濤石矢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真赤に昇り出ずる陽と反対に、大江の水は逆巻き、咬みあう黒波白浪、さけびあう疾風飛沫、物すさまじい狂濤石矢の大血戦はここに展開された。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)