“きょうちつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
経帙100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というて前にあるレクシン(経帙の締木)を取り左の手に私の胸倉をまえて私の頭顱をめがけてぶん擲ろうとしたです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)