“きょうぞくがり”の漢字の書き方と例文
語句割合
兇賊狩100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸では、釘勘の捕物陣以来、兇賊狩のきびしい詮議に追われ、地方へ足を抜いては行く所に捕手の影がつきまとって、席のあたたまる間もない彼等も、その捜索は夢寐の間も忘れていない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)