“きょうず”の漢字の書き方と例文
語句割合
経誦100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ふと、お経誦の細々な声。……先刻からここでまり聞いて、やれやれと胸なで下ろした」
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)