“きょうしんかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
競進会100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに世の中が皮肉なのさ。今の世のなかは冷酷の競進会見たようなものだ」と云いながら呑みかけの「敷島」を二階の欄干から、下へげる途端に、ありがとうと云う声がして
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)