“きょうがしまむすめのいけにえ”の漢字の書き方と例文
語句割合
経島娘生贄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも榎本君は晩年歌舞伎座の立作者となって、かの「名工柿右衛門」や、「経島娘生贄
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)