“きょうがくつかまつり”の漢字の書き方と例文
語句割合
驚愕仕100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしその後は薗八節再興の御手筈だん/\と御運びの事と推察をり候処実は今夕偶然銀座通にてお半様に出遇ひ彩牋堂より御暇になり候由承り、あまりといへば事の意外なるに驚愕仕候次第。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)