“きょうおうしょく”の漢字の書き方と例文
語句割合
杏黄色100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
荒凉とした鉱山区が、遠く見える丘の斜面に、杏黄色緞子長掛子を着て、横たわっている春生の姿は痛ましかった。
雲南守備兵 (新字新仮名) / 木村荘十(著)