“きゆうどうじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
杞憂道人100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
破提宇子流布本は、華頂山文庫の蔵本を、明治戊辰の頃、杞憂道人鵜飼徹定の序文と共に、出版したものである。が、そのほかにも異本がない訳ではない。
るしへる (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)