“きゅうりもみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
胡瓜揉100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伊香保が盛ったに付いて料理屋を始めましたが、連藏と云う息子が居て、その息子が一寸料理心があって胡麻豆腐と胡瓜揉という物が当所の名物でございます。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)