“きゅうもんしょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
休聞抄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
休聞抄水蛙眼目、深秘抄など、手にするほどの書物を殆んどひとり合点に読みちらして、まねごとの字数そろえがいつかしら本気になり、やがて茜という方のお誘いもあって
日本婦道記:桃の井戸 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)