“きゅうちゅうしょうてん”の漢字の書き方と例文
語句割合
宮中掌典100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神仙の実在を信じて「神仙記伝」と云う書物を編輯していたと云う宮中掌典宮地嚴夫翁が明治四十三年、華族会館で講演した講演筆記の写しの中から得た材料によって話すことにする。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)