“きゅうせんげきこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
弓箭戟光100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼の出入には、常に、鉄甲の精兵三百が、弓箭戟光をきらめかせて流れた。——それにひきかえて、故老の朝臣は名のみ、大臣とか元老とかいわれても、日ましに影は薄れて行った。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)