“きゅうせいしろく”の漢字の書き方と例文
語句割合
九星四緑100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の年に生れて九星四緑に当るものは浮気にて飽きやすきなりといへり。凝性の飽性ともいへり。僕はそもそもこの年この星の男なり。さるが故にや半年と長つづきした女はなし。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)