“きゅうじょなわ”の漢字の書き方と例文
語句割合
救助縄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と思うと救助縄が空をかけるのように曲がりくねりながら、船から二三段隔たった水の中にざぶりと落ちた。漁夫たちはそのほうへ船を向けようとひしめいた。第二の爆声が聞こえた。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)