“きやしやぜいたく”の漢字の書き方と例文
語句割合
華奢贅沢100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼が表面非常な貧窮と質素とを装ふにらず、其の実は驚くべき華奢贅沢をして居るのだ、彼を指して道徳堅固な君子だなど思ふのは、其の裏面を知らない者の買ひかぶりである
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)