“きやうわうごぜん”の漢字の書き方と例文
語句割合
經王御前100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次の年に、月滿御前經王御前といふ妹が出來たが、この時は、もはや佐渡へ遠く流されてゐた。