“きやうたい”の漢字の書き方と例文
語句割合
狂態100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一番先に狂態じたのは、江崎屋の清五郎でした。