“きもいりやく”の漢字の書き方と例文
語句割合
肝煎役100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七兵衛はその間に立廻っての肝煎役——それから駒井を真中に、一同が食卓についてからその賑やかさというものは、今宵限り立って行く名残りのことも
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)