“きむらろくや”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村六弥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
森右門と名乗った木村六弥も、その妻も、——何にも言いませんでした。川面を吹き渡る冷たい風が、お島の身体も声もわせて、何ともいえぬ陰惨の気が四方をこめます。