“きみたけへい”の漢字の書き方と例文
語句割合
木見武平100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪子の父親の木見武平は、そういって川北先生と道夫の訪問に礼をのべたが、しかし、が先生と道夫の上に降りかかるようなことがあっては心苦しいからと武平は灰色の頭をふって
四次元漂流 (新字新仮名) / 海野十三(著)