“きぶんならも”の漢字の書き方と例文
語句割合
紀文奈良茂100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この三拍子が遺憾なく打揃うという事は人生容易にいがたい偶然の機をたねばならぬ。偶然の好機は紀文奈良茂の富を以てしてもあながちに買い得るものとは限られぬ。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)