“かんかつぎ”の漢字の書き方と例文
語句割合
棺舁100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、棺は家の内へ運ばれたが、ひとまず棺舁かんかつぎどもは外に出されて李夫が一人残り、そこにあった男女二人の死骸を棺の中へ収めた。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)