“おろうそく”の漢字の書き方と例文
語句割合
御蝋燭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところで有難い事に、淡島堂に参詣の方は、この坊主がお経を出鱈目でたらめによむのを御存知なく、椿岳さんになってから、お経も沢山んで下さるし、御蝋燭おろうそくも沢山つけて下さる、と悦んで礼をいいましたね。
寺内の奇人団 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)