“いっときいっとき”の漢字の書き方と例文
語句割合
一時一時100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、一時一時いっときいっときと時の移って行くのも知らないように、見物は皆片唾かたずを飲んで、気長に竜の天上を待ちかまえて居るのでございましょう。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)