“あおのり”の漢字の書き方と例文
語句割合
青海苔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小皿のむらさきに青海苔あおのりをふって私の前に差し出すと、細君は膝の上に両手を重ねて、美佐子に眼を注ぎ、
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)
料理人篠村宇三郎、かご入りの青海苔あおのりを持って来て、「これは今年始めて取れましたので差上げます。御尊父様へよろしく」と改まったる御挨拶で。
高知がえり (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)