“あおねずみいろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
緑鼠色50.0%
青鼠色50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女はじっと立って、緑鼠色あおねずみいろの眼で不思議そうに紳士の眼を見ました。
セエラの顔にはさっとべにかれました。青鼠色あおねずみいろの眼には、たった今、大好きなお友達を認めたというような表情が浮びました。