“紅火”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうくわ50.0%
こうか25.0%
べにび25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あへげば、紅火こうくわ煩悩ぼんなう』の血彩ちいろくんずる眩暈くるめきよ。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
忽ち紅火こうくわひるがへる思の色のひれふるひ、
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
忽ち紅火こうかひるがへる思の色のひれふるひ、
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)
そこにはすきとおって小さな紅火べにびや青の火をうかべました。
シグナルとシグナレス (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)