“牛飲馬食”の読み方と例文
読み方割合
ぎういんばしよく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで彼も牛飲馬食ぎういんばしよくするかたはらには時々そつとその女の方を眺めてゐた。
東京小品 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)