“意気軒昂”の読み方と例文
読み方割合
いきけんこう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その気骨稜々きこつりょうりょう意気軒昂いきけんこうたる気構えは、今様いまよう一心太助いっしんたすけといってよい。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
闇太郎は意気軒昂いきけんこう、てっきり、そこに伏せ勢があると認めた、河岸小屋の方へ呼びかけた。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
そういうと、三人は意気軒昂いきけんこうと夜道をいそいだ。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
この本店はその昔、意気軒昂いきけんこうで名を成した名人寿司として有名なものであったが、キリンも老いてはの例にもれず、ついに充分の生気せいきは消え去ってしまった。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)