“天空海濶”の読み方と例文
読み方割合
てんくうかいかつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天空海濶てんくうかいかつ
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
人間の性質が碁石の運命で推知すいちする事が出来るものとすれば、人間とは天空海濶てんくうかいかつの世界を、我からと縮めて、おのれの立つ両足以外には、どうあっても踏み出せぬように、小刀細工こがたなざいくで自分の領分に縄張りをするのが好きなんだと断言せざるを得ない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)