“合歓木”のいろいろな読み方と例文
旧字:合歡木
読み方割合
ねむのき62.5%
ねむ37.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃わが邦へ渡ったかの国人が、奥羽地方で合歓木ねむのきをかかる難地へ植えて砂防を完成すると聞き、帰国の上官へ告げて試むると果して竣功したという。
源右衛門の家の背戸は、葉の落ちた野茨のいばら合歓木ねむのき、うつぎなどの枝木で殆んど覆われている。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
やはり同刻限に青年男女川の辺に集まり、手に手に合歓木ねむのきと大豆との葉を持ってこれを水に投込み、
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
母が没した後父と来たとき植えさせた合歓木ねむのきが風に吹き折られもせず一丈ほどに成長している。
他所では少なくともネブタは合歓木ねむのきと睡魔とを意味し、マメはまた豆と壮健とを意味していた。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
乙女おとめたちの一団は水甕みずがめを頭にせて、小丘こやまの中腹にある泉の傍から、うたいながら合歓木ねむの林の中に隠れて行った。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
「あれは合歓木ねむの木立でしたよ。そら、昼のうちは暗緑色の小葉こばを開いていて、夕方になると、眠るように葉の表面をとじ合わせて、白っぽい裏を出してしまう……」
闖入者 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
廊下のてすりから手の届くほど近いところには、合歓木ねむや藤が暗くおおかぶさっていた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)