“髑髏:サレコウベ” の例文
“髑髏:サレコウベ”を含む作品の著者(上位)作品数
坂口安吾1
“髑髏:サレコウベ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ややともすれば俺は木枯に吹き倒されて、その場でそのまま髑髏サレコウベにもなりそうに思いながら、ようやく酒倉へ辿りついてその白壁をポクポクと叩いたんだ。