“金森兵部小輔:かなもりひょうぶしょうゆう” の例文
“金森兵部小輔:かなもりひょうぶしょうゆう”を含む作品の著者(上位)作品数
三遊亭円朝1
“金森兵部小輔:かなもりひょうぶしょうゆう”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
是は粥河圖書かゆかわずしょという宝暦八年に改易かいえきに成りました金森兵部小輔かなもりひょうぶしょうゆう様の重役で千二百石を取った立派なお方だが、身持が悪くて、悪事を働きました事を聞きましたから、これを圖書の身の上にいたし、又マクスにチャーレという