“金春新道:こんぱるじんみち” の例文
“金春新道:こんぱるじんみち”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
“金春新道:こんぱるじんみち”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あしたという約束であったが、金春新道こんぱるじんみちの方まで来る用が出来たので、足ついでに廻って来た。残金二十二両、あらためて受け取ってくれ」
半七捕物帳:42 仮面 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)