“金扇馬標:きんせんうまじるし” の例文
“金扇馬標:きんせんうまじるし”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
“金扇馬標:きんせんうまじるし”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうしてこの際、采配を振るとは言うけれど、自分が金扇馬標きんせんうまじるしを押立てて本陣に馬を進めようというのではなく、表面はどこまでも道庵に芝居をさせて、自分は軍師としての采配を振る——という行き方は、お角さんらしいものでありました。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)