“篇中”の読み方と例文
読み方割合
へんちゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わが拙作小説すみだ川の篇中にはかゝる路地の或場所をば其の頃見たまゝに写生して置いた。
路地 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)