“符冊典籍”の読み方と例文
読み方割合
ふさくてんせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皇后には、珠の冠や胸飾りを、帝には座右の符冊典籍までを、車の上から惜しげなく捨てられた。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)