“白紙幣:しろざつ” の例文
“白紙幣:しろざつ”を含む作品の著者(上位)作品数
ニコライ・ゴーゴリ1
“白紙幣:しろざつ”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まず課長に*7赤紙幣あかざつの一枚も握らせさえすれば、滞りなく鳧がついたものだが、今どきは白紙幣しろざつでなくっちゃ通用しないと仰っしゃる。
一同が事務室を通りぬける時、土瓶面のイワン・アントーノヴィッチが丁寧にお辞儀をして、そっとチチコフの耳に、『百姓を十万ルーブリからお買いになって、お心附けが*8白紙幣しろざつ一枚とは、ひどいですなあ。』と、囁やいた。