“澹臺滅明”の読み方と例文
新字:澹台滅明
読み方割合
せんだいめつめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
澹臺滅明という人物がおります。この人間は、決して近道やぬけ道を歩きません。また公用でなければ、決して私の部屋にはいって来たことがございません。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)