“来飲且飯:きたりいんかつはんす” の例文
“来飲且飯:きたりいんかつはんす”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“来飲且飯:きたりいんかつはんす”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「廿七日。晴。慧観童女七回忌〓夜。貞白来飲且飯きたりいんかつはんす。」慧観は棠軒の女かねである。慶応三年五月二十八日に夭した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
PR