“接見会”の読み方と例文
読み方割合
リセプション100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宮廷において政権を握っている大貴族の一人であるモンセーニュールは、パリーの宏大な邸宅で、二週間目ごとの彼の接見会を催していた。
この章の後半からは、そのモンセーニュールの接見会に出席したある侯爵が主な人物となる。例によってその人物の肖像画。
そのキリスト紀元千七百八十年にモンセーニュールの接見会に集った賓客たちの中で、頭髪を縮らし、髪粉をつけ、金モール服を著、扁底靴を穿き