“徇法”の読み方と例文
読み方割合
じゅんぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勧善懲悪というのは、滝沢馬琴流の小説をいうもので、それは多分に徇法的屈従的であり長いものに捲かれろ主義である。換言すれば『八犬伝』の忠孝仁義主義である。