“可為”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たるべき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“可為”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 法律 > 法律12.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一、人身ヲ売買シ終身又ハ年期ヲ限リ其主人ノ存意ニ任セ虐使致シ候ハ人倫ニ背キ有マシキ事ニ付古来制禁ノ処従来年期奉公等種々ノ名目ヲ以テ奉公住為致其実売買同様ノ所業ニ至リ以ノ外ノ事ニ付自今可為たるべき厳禁事。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)