“八艘飛”の読み方と例文
読み方割合
はっそうと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とてもおれにだって八艘飛びゃあできねえんだからな——では、梅丸さん、しどけないところへ飛び込んできて、どうもお騒がせいたしました。
「輦台の上での勝負は珍しい。今度は、貴殿のところへ、源義経、八艘飛び」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「義経の八艘飛びおくれ」
死までを語る (新字新仮名) / 直木三十五(著)