“傅育官”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふいくかん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“傅育官”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつか検事のハルトアン氏と一緒に倶楽部クルッブで逢った元傅育官ふいくかんだったという老人……あの律義そうな老人が、四、五日前に伯爵邸へ訪れて来たきり、今もって姿を見せぬという。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)