“人潮の岸”の読み方と例文
読み方割合
ヒュウマン・タイド100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はるばるも来つるものかな——やがて人潮の岸ろんどんをさして汽車はドウヴァをゆるぎ出るのだ。半球の旅のおわりと、空をこがす広告塔の灯とが私達を待っているであろう。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)