“不勝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すぐれず100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不勝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
売家の詩は妙甚候。拙和せつわどもていし申度候へ共、急に副し不申候。とくに一書さし出候へども、いまだ届不申候よし、元来帰国早々可申上候処、日々来客、そのうちに不快(此一字不明)になり、夏中不勝すぐれず、又秋冷にこまり申候而延引如此に御坐候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)